希少な日光天然林のミズナラ材について

この度、酒専門店鍵や様のサイトに「日光の天然林の恵み~J-sake日光ミズナラの魅力~」を掲載頂きましたのでリンクにてご紹介します。今春見学させていただいた鳳凰美田取材記事の第3段です。

あわせて読みたい
日光の天然林の恵み~J-sake日光ミズナラの魅力~ | 酒専門店 鍵や 2022年東京スピリッツコンペティションで「鳳凰美田J-sake2012」が銀賞を、「鳳凰美田J-sake日光ミズナラ2016」が銅賞を受賞。国産ミズナラ樽はほとんど手に入らなくなり...

世界的に人気のミズナラ材は水を多く含むため何年もの時を経て乾燥させる必要があります。そのため供給が追い付かず主産地の北海道の樽材は枯渇し、幻の樽材となっているのです。日光の社寺と関係性の深い小林酒造では、日光ブランディングによって希少な樽材を確保し、魅力を活かすスピリッツを生み出しています。さらに持続可能なビジネスモデルに築き上げて後世に残していこうと情熱を注がれているのです。

目次
閉じる